一時的なストレス性のものでした

「決められた血圧」は、無いほうがいい。 > 若ハゲ > 一時的なストレス性のものでした

一時的なストレス性のものでした

若ハゲは年齢が50歳を超えてから髪が薄くなっても呼べるのか、とふと疑問に感じた私の若ハゲ体験談です。

何年来かの友人が、「ついに俺も若ハゲの仲間入りか」とため息混じりに呟いたのは、30代後半だったと思います。
正直な所その時は、確かに30代でハゲて来たらそう言われるのも仕方ないのかな、とも思いましたが。
では何歳からは、若ハゲと言われなくなるのだろうと、ふと思ったのも事実です。
と言いますのも、実は私も50を越した辺りでハゲてしまったからなのです、幸い一時的なストレス性のものでしたので、今は戻ってくれましたが一時はどうなることかと思いました。
このままハゲで一生終わるのか、何とかならないものだろうか、医者に行った方が良いのか、右往左往したのも事実ですが。
その時に、これは若ハゲなんだろうか、いや、もうこの年なら若くはないんだから、そうは呼ばれないのだろうか。若くないと言うのも、ちょっと腹が立つな。等など、思ったのも事実です。
若ハゲと言われるのもかなり嫌な物ですが、「その年ならハゲても仕方ないね」と言われるのもまた、シャクに触る物なんですよね。

生え際の衰えを何とか食い止めたい人の体験談ブログ